ソフトウェアパッケージを企画開発するサイバーソリューションズは、メールアーカイブソフトウェア「MailBase」をベースにしたクラウド型メールアーカイブサービス「MAILBASE Σ」(メールベースシグマ)を発表した。サービス開始は12月3日。

料金は1アカウントあたり月額500円から。初年度30社、向う3年間で100社の導入を目標とする。

MailBase は、大企業などにオンプレミス型で導入されている電子メール監査/メールアーカイブシステム。企業内送受信メールと添付ファイルをすべて長期保存し、高速検索ができる。

MAILBASE Σ は、既存のメールシステムにアドオンすると導入できる、高機能クラウド型メールアーカイブサービス。導入済みのメールシステムをそのまま利用しながら追加導入できる。

MAILBASE Σ では、社内外を問わず全メールを長期保存(最長5年)できる。保管データは管理者のみならず、一般ユーザーも検索、再活用できる。一部を除き、既存の複数メール環境に対応、保存期間を超過したデータは返却される。検索には専用検索ソフトウェアが提供され、クラウドと顧客サイト(ローカル)のデータ管理、添付ファイルの全文検索、日付などの高機能検索ができる。Outlook からもダイレクトに検索できる。

2012年7月1日改正の関税法により、輸出入業者には電子メールの長期保存が義務化されたため、今後、業種業態を問わず、電子メールの長期アーカイブが必須となった。大企業のみならず、官公庁、病院、中小企業でもメールアーカイブシステムの導入が急務となっている。MAILBASE Σ は、これに対応するためのソリューション。

サイバーソリューションズ、中小向けに MailBase クラウドサービスを開始
MAILBASE Σ 概要