セブン&アイ・ホールディングスは、無料利用可能な公衆無線 LAN(Wi-Fi)サービス「セブンスポット」の提供範囲を拡大し、12月1日より全国各地の「セブン-イレブン」「イトーヨーカドー」「そごう・西武」「デニーズ」など合計1万店舗以上で利用可能にすると発表した。このアクセス ポイント数は、コンビニエンス ストアやスーパー、百貨店といった小売業主体の Wi-Fi サービスとして国内最大規模だという。

セブン&アイの無料 Wi-Fi サービス「セブンスポット」、全国1万店以上で利用可能に
セブンスポット
(出典:セブン&アイ・ホールディングス)

セブンスポットは、1回当たり最大60分間、1日3回まで無料で利用可能な Wi-Fi サービス。セブン-イレブンやイトーヨーカドーなどの店内で、スマートフォンやタブレット端末、パソコン、携帯電話などの Wi-Fi 対応機器からインターネット接続が行える。スマートフォン/タブレット端末の利用キャリアは問わない。2011年12月に東京23区内の約770店舗で提供を開始したところ、これまでに18万人以上のスマートフォン ユーザーが会員登録したそうだ。

利用するには、セブン&アイのオンライン通販サービス「セブンネットショッピング」の会員 ID を取得するか、セブンスポットに無料会員登録する必要がある。ただし、大規模災害発生といった非常時には登録者以外にも開放し、情報の伝達/収集手段として活用してもらう方針(関連記事)。

新たに利用可能となる店舗を含め、12月1日時点のセブンスポット対応店舗数は以下の通り。具体的な対応店舗は、Web サイトで検索できる(記事執筆時点で、12月1日サービス開始店舗の情報は掲載されていない模様)。

・セブン-イレブン:約1万300店舗
・イトーヨーカドー:約170店舗
・そごう・西武:23店舗
・デニーズなど:約250店舗

セブンスポット対応店舗
セブンスポット対応店舗
(出典:セブン&アイ・ホールディングス)

なお、セブンスポットでは、インターネット接続サービス提供だけでなく、店舗限定の割引情報/クーポンやゲーム/動画/壁紙といったオリジナル コンテンツの配信も行う。そして、今回のサービス提供範囲拡大を記念し、12月1日から25日の期間限定で壁紙「AKB48 クリスマスキャンペーン」 「まゆゆとあっち向いてホイ♪」を提供する。