米国カリフォルニア州の弁護士が、Microsoft が公表している Surface RT タブレットの仕様が虚偽広告にあたるとして訴訟を起こした。同弁護士は Surface の32GB モデルを購入したが、内部ストレージのおよそ半分が OS とプリインストールソフトウェアによって占められており、消費者が利用可能なストレージ容量は16GB しかないと主張している。

Surface 所有者、32GBモデルでも空き容量が16GBしかないとして Microsoft を訴える
Microsoft Surface

Associated Press は、この件を次のように伝えた。

「カリフォルニアの弁護士が、Microsoft を訴えた。同弁護士は購入した Surface タブレットが、Microsoft が宣伝しているストレージ容量を持っていないと主張している。ロサンゼルス在住の弁護士 Andrew Sokolowski 氏は先週、32GB のストレージ容量を持つ Surface を購入。しかし、同弁護士が音楽ファイルや Microsoft Word 文書を Surface に格納すると容量不足に陥った。同弁護士は、32GB のストレージ空間の多くを OS(Windows RT) や Word や Excel といったプリインストールアプリが占めており、利用可能な容量は16GB に過ぎないことを発見したという」

ITProPortal は、 Sokolowski 氏の訴訟の目的と内容について以下を伝えている。

「Sokolowski 氏の弁護士である Rhett Francisco 氏は、声明の中で次のように述べてる。

『Sokolowski 氏の Microsoft に対する訴訟は、クリスマスショッピングのシーズンを迎える消費者を保護するためのものだ。Microsoft は、Surface のストレージ容量と機能を消費者に対して正しく伝えていない。消費者はそのことを知るべきだ』

Francisco 氏によれば、Sokolowski 氏は損害賠償を求めてはいるわけではないという。

『我々はただ Microsoft が不法行為を正し、消費者に対して Surface タブレットの正しい仕様を伝えることを望んでいるだけだ。また、Surface の仕様について間違った情報を広めた結果、Microsoft が得た利益の払い戻しも望んでいる』」

TGDaily は、今回の訴訟には根拠がないとする Microsoft 広報担当者の言葉を伝えている。

「顧客は、OS や プリインストールアプリがデバイスの内部ストレージに格納されており、これによって利用可能な空き領域が減少することを知っている」