サスライトは、情報漏洩事故のリスクを低減するセキュリティシステム「SASTIK ? Thin-Client Layer アカデミック版」(SASTIK)を、谷岡学園大阪商業大学堺高等学校(大商大堺高校)に導入した。

SASTIK はメモリのない専用 USB キーを認証鍵として、Web システムやファイルサーバーへ安全にアクセスできるソリューション。大商大堺高校は、校内ファイルサーバーへ権限ごとに安全にアクセスでき、校内 PC から学外に機密情報が漏れない仕組みを評価して、SASTIK を採用した。

SASTIK は USB キー利用時のみ、指定サーバーにセキュアにアクセスするもので、データのダウンロード、プリントスクリーンなどによる画面キャプチャリングなどを禁止する機能が付いている。そのため、校内で私物の PC を使う際、SASTIK を利用すると、重要なデータを校内で安全に管理することができる。

また、既存の PC にインストールしたり、事前の設定をしたりする必要もなく、USB キーを挿すだけで仮想シンクライアント化させ、安全にサーバーに接続できる。サーバーも既存データサーバーをそのまま活用できるので、サーバーに多額の設備投資をする必要がない。アクティブディレクトリとの連携も可能なため、アクティブディレクトリで設定済みのファイルアクセス権限をそのまま利用できる。

私立高校にも広がる USB キー「SASTIK」、大商大堺高校が校内セキュリティに導入
SASTIK 使用イメージ