日本マイクロソフトは、Word/Excel/PowerPoint などの Microsoft 製品で、「Unicode IVD(UTS#37)」に対応した異体字を取り扱かうことができるようにするアドイン「Unicode IVS Add-in for Microsoft Office(IVS Add-in)」を配信する、と発表した。同社の運営するオープンソースポータルサイト「CodePlex」で、無料で配信される予定。

Unicode IVD(UTS#37)は、Unicode 標準の中で様々な異体字をユーザー定義文字(外字)を使用することなく、テキスト中に指定できる仕組み。

IVS Add-in は、Windows 7/Office 2010 などの Microsoft 製品で Unicode IVD(UTS#37)に対応する約5万8,000の異体字が活用できるアドイン。「IPAmj 明朝」などの Unicode IVD(UTS#37)に対応したフォントと組み合わせて使用することで、Word/Excel/PowerPoint などで、異体字を含むデータの表示/印刷/編集などができるようになる。

なお、Windows 8、Windows Server 2012などの製品では、すでに標準で Unicode IVD(UTS#37)に対応済みで、対応フォントをインストールするだけで異体字の入力/表示/コピーなどができる。