大和ハウス工業は、住宅の建設予定地を対象として、地震発生確率や予測震度といったリスク情報を提供できる地震危険度評価ツール「ココゆれ」の本格運用を11月3日に開始した。戸建住宅の購入を検討している顧客向けにサービスを提供していく。

地震発生確率や予測震度を解析するツール「ココゆれ」の本格運用開始、大和ハウス
「ココゆれ」で利用されている「J-SHIS」のデータ (出典:NIED)

ココゆれは、戸建住宅の建設予定地を選択して解析を開始すると、約30秒の分析後、5年後から50年後までの当該地域のリスク情報を5年単位で表示する。同ツールで提供するリスク情報は、震度が5弱以上から6強以上の地震の発生確率と付近の断層情報、それに付随する予測震度/距離/深さ/マグニチュードなど。

利用しているデータは、防災科学技術研究所(NIED)の「地震ハザードステーション(J-SHIS:ジェイ・シス)2010年版」で公開されているもの(関連記事)。最新のデータが公開され次第、ココゆれも随時更新していくという。

「ココゆれ」の分析画面
「ココゆれ」の分析画面