NTT ドコモローソンは、ドコモの完全子会社らでぃっしゅぼーや株式のうち10%をローソンに譲渡する契約を締結し、ドコモ、ローソン、らでぃっしゅぼーやの資本/業務提携を実施していくことで合意した。

提携により、物流コスト削減などの事業運営効率化を図るとともに、らでぃっしゅぼーやの有機/低農薬野菜をドコモとローソンが販売促進することで、らでぃっしゅぼーやの収益拡大を図っていく。

また12月より、ドコモの d マーケットで新たに開始する「d ショッピング」で、らでぃっしゅぼーやの有機/低農薬野菜の取り扱いを開始する。ドコモショップを活用した販売促進や、ドコモポイントとの連携なども進めていく予定。

さらに、ローソンとらでぃっしゅぼーやによる合弁会社らでぃっしゅローソンは、両社の商材を扱う E コマース事業を展開しているが、今後、事業再編に取り組む。E コマースを「らでぃっしゅぼーやオンラインストア」に改称し、らでぃっしゅぼーやの商材を取り扱う E コマースを展開するという。

イメージ
らでぃっしゅぼーやトップページ