モバイル USB シンクライアントのサスライトは、情報漏洩事故のリスクを低減するセキュリティシステム「SASTIK ? Thin-Client Layer アカデミック版」を、くまもと森都総合病院(旧 NTT 西日本九州病院)に導入した。

くまもと森都総合病院、情報漏えい対策に「SASTIK」を導入
製品写真

同じ病院内でも、診察棟と医局でネットワークが違う場合、医師は診察棟に足を運ばなければ必要データにアクセスできなかった。しかし、今回の導入で、ネットワークに繋がった PC に USB キーを挿すだけで、セキュアに指定のサーバーにアクセスできるようになった。

USB を用いてデータを持ち出すわけではないので、情報漏えい対策にもなる。利用後は USB キーを抜くだけで自動的に機能を終了し、利用した PC には一切のデータを残さないため、セキュリティ面でも安心して利用できる。

情報セキュリティ対策に
情報セキュリティ対策に