NEC ビッグローブ(BIGLOBE)は、タランチュラやサソリといった毒性のある生物約70種に関するデータや写真を収録した Android スマートフォン向け図鑑アプリケーション「注意!鬼虫大図鑑」を提供開始した。Google Play でダウンロード販売中。Android 2.2以降の Android スマートフォンに対応する。通常価格は500円(総額)だが、2012年12月3日までは先着500名に250円(同)で販売する。

BIGLOBE、有毒な生き物70種を収録した Android 向け図鑑アプリ「注意!鬼虫大図鑑」
「注意!鬼虫大図鑑」

注意!鬼虫大図鑑は、猛毒を持つ危険な「鬼虫」約70種類を収録した図鑑アプリケーション。各鬼虫の詳細ページでは、体長/原産国/毒性/攻撃方法/寿命といった基礎情報を紹介している。またフォトギャラリーでは、鬼虫の口/触角/頭部といった各部の写真を自動再生して閲覧できるので、実物を間近で見るのが難しい鬼虫でも写真で楽しむことができるという。

「注意!鬼虫大図鑑」アプリ画面イメージ
「注意!鬼虫大図鑑」アプリ画面イメージ

さらに、同アプリケーションでは、飼育方法/食性/注意事項を掲載しているほか、俊敏性/攻撃性/飼育適性なども5段階で表示している。特にタランチュラやサソリは、ペットとしても人気があることから、鬼虫を飼うための飼育マニュアルとしても利用できるという。

同社は、ほかにも/熱帯魚/カブトムシといった動物系図鑑アプリシリーズを展開している。今後は、ライオンやレッサーパンダをはじめとした約100種類の動物の赤ちゃんを集めた「赤ちゃん動物図鑑100」を配信予定とのこと。