米国 Google は、同社の7インチタブレット「Nexus 7」の販売台数を公表していない。だが Nexus 7 を製造する ASUS の CFO である David Chang 氏は同社の第3四半期決算発表の席上で、同社が1か月で100万台近くの Nexus 7 を製造していることを明らかにした。

Wall Street Journal は、Chang 氏の発言を次のように伝えている。

「最初は、1か月に50万台というところだった。それが60万〜70万台となり、この1か月では100万台に近かった」

DailyTech は、Chang 氏の発言を次のように論評している。

「第3四半期における Nexus 7 の売上台数は、合計で80万台から100万台と予測されていた。Chang 氏の発言は、ASUS と Google が予想を遥かに上回る台数の Nexus 7 タブレットを販売したことを示している」

Computerworld は、好調な Nexus 7 の販売状況が、ASUS のタブレット部門全体を牽引していることを伝えた。

「台湾 PC メーカー ASUS は、Google Nexus 7の発売によりタブレット出荷台数を大きく伸ばした。同社の第3四半期のタブレット出荷台数は230万台に到達。これは、過去9か月の合計出荷台数を上回っている。同社は2013年のタブレット出荷台数が少なくとも1,000万台に達するだろうと予測している」

Google は10月30日、Nexus 7 のアップデート版を公表している。USA Today は、これを次のように伝えている。

「Google はハリケーンサンディの接近により、New York でのメディア向けイベント延期を余儀なくされた。このため、同社は公式 Blog で Android デバイスを搭載した新製品を公表。最新の Android 4.2『Jelly Bean』を搭載した Nexus ブランドの3製品を発表した」

ここで発表された3製品には、4.7型スマートフォン「Nexus 4」、10型タブレット端末「Nexus 10」の他、アップデートされた「Nexus 7」が含まれている。