キングソフトは、マイクロソフトの Windows 8 発売を受け、同社製品の Windows 8(32bit/64bit)への対応状況を10月26日に発表した。

キングソフト、Windows 8 への対応状況を発表
Windows 8 への対応状況を発表

セキュリティソフト「KINGSOFT Internet Security 2013」や、オフィスソフト「KINGSOFT Office 2012」はすでに Windows 8 に対応している。そのほか、辞書ソフト「キングソフト辞書」、オンラインストレージ「KINGSOFT KDrive」「KINGSOFT KDrive for Business」なども対応している。

セキュリティソフト「KINGSOFT Internet Security 2012」や、オフィスソフト「KINGSOFT Office 2010」などの非対応製品は、対応製品に無料でアップグレードできる。