NTT ドコモは、日本のスタートアップ企業やベンチャー企業と、連携強化に向けた新たな取り組みを開始する、と10月26日に発表した。スマートフォン向けの新たなサービスの創造を目的としている。

同社は、2012年度中に、起業支援プログラム「ドコモ・イノベーションビレッジ」を開始し、ベンチャー企業への出資を行うコーポレートベンチャーファンド「ドコモ・イノベーションファンド」の設立を予定している。

「ドコモ・イノベーションビレッジ」は、ハードとソフトの両面から起業家を支援するプログラム。具体的な支援としては、審査によって選ばれた複数のチームに対して、共同オフィススペースなどの開発環境を提供する。また、専門家による経営面や開発面のアドバイスに加えて、起業経験者や著名経営者による講演会を開催する。

「ドコモ・イノベーションファンド」は、起業支援プログラム「ドコモ・イノベーションビレッジ」発のスタートアップ企業や、有望なサービスや技術を保有するベンチャー企業に対して出資するファンド。同ファンドは、運用金額100億円規模、運用期間10年間で設立される予定。

同ファンドによる新たな事業領域は、「メディア・コンテンツ事業」「金融・決済事業」「コマース事業」「メディカル・ヘルスケア事業」「M2M 事業」「アグリゲーション・プラットフォーム事業」「環境・エコロジー事業」「安心・安全事業」の8分野。