三三は、同社のクラウド名刺管理サービス「Link Knowledge(リンクナレッジ)」をタブレット向けに特化させたライセンス「Link Knowledge Tablet edition(リンクナレッジ タブレットエディション)」を発表した。ライセンスの発売は10月26日で、Windows 8 の発売日に合わせた。

三三が「リンクナレッジ」のタブレット向けライセンスを発売、Windows 8 アプリも近日中に
タブレット端末に特化した Link Knowledge Tablet edition

Link Knowledge は、三三が開発、特許を取得した世界初の法人向けクラウド名刺管理サービス。名刺を入口に情報共有を促進し、営業強化/顧客管理/マーケティングに活用できる。2007年の販売以来、800社の企業に導入され、2012年には Link Knowledge 国際版を発表、海外でも販売している。

今回、タブレット向けに特化されたライセンス「Link Knowledge Tablet edition」を発売し、パートナーとの連携も強化する予定。2012年10月から30社限定で販売パートナー募集を開始する。また、日本初の Windows 8 対応ビジネスアプリも近日配信する予定。

同社は、今後3年のうちに年間売上20億円、導入企業3000社を目指す。