Microsoft がついに、ほぼ全世界同時に Windows 8 を発表、販売を開始した。同時に「Windows  ストア」を正式にオープンし、全世界で1,000種類以上の Windows 8 搭載 PC/タブレット向けアプリを利用できるようにする。

日本でもすでにハードウェアパートナー各社が、Windows 8 搭載 PC/タブレットを発表している。

Windows 8 には、使用頻度の高いアプリやコンテンツにワンクリックでアクセスできる、新しいスタート画面があり、タッチ操作に最適化された Internet Explorer 10 や、OS とシームレスに使用できるクラウドサービス「SkyDrive」を搭載している。

一般向け Windows 8 と、様々な機能を追加した Windows 8 Pro の2つのエディションがあるが、さらに企業ユーザー向けの Windows 8 Enterprise もある。

Windows 8 Enterprise にはエンドツーエンドセキュリティを確保する BitLocker や AppLocker などの機能、モバイル生産性向上を支援する Windows To Go、DirectAccess、BranchCache などの機能がある。ARM ベースのタブレット向け Windows RT も、デバイスにプリインストールして提供される。

日本マイクロソフトは、10月26日から2013年1月31日までの期間、現在 Windows XP/Vista/7 搭載 PC ユーザーには、Windows 8 Pro アップグレード版のパッケージ製品を5,800円(税別/参考価格)で販売する。ダウンロード製品は同社 Web サイトwindows.comから3,300円で購入できる。なお、これらの価格はいずれもも期間限定。

Windows 8 がついに登場―日本マイクロソフトが発表
発売開始セレモニー

日本マイクロソフト代表執行役社長の樋口泰行氏は、東京・秋葉原で行われた発表会で、「Windows 8 はパソコンだけでなくタブレット端末にも対応した革新的な OS だ。(25日に行われた)発売前夜祭や、(26日早朝に行われた)店舗行われた発売開始イベントでの大きな反響を見て、強い手応えを感じている」と述べた。

日本マイクロソフト代表執行役社長の樋口泰行氏
日本マイクロソフト代表執行役社長の樋口泰行氏

また、製品の特徴に関しては、刷新されたユーザーフェイスや新たに登場した Windows 8 専用アプリなどを紹介した上で、「Windows 7 で使用しているソフトウェアに対する互換性や強固なセキュリティには自信がある」とコメント。

続けてプレゼンテーションを行った業務執行役員 Windows 本部長の藤本恭史氏は、「パーソナルユースだけではなく、近年増加している BYOD(Bring Your Own Device:個人端末の業務活用)に合わせて、企業の基幹システムとも連携した利用シーンも積極的に紹介していきたい」と、今後のマーケティングの方向性について説明した。

発表会の会場には、Windows 8 の発売に合わせて発表された個人向け PC やタブレット端末が展示されたほか、端末メーカー13社の代表者がゲストとして登場。華やかな発売開始セレモニーも行われた。

Windows 8 が搭載されたパソコンやタブレット端末
Windows 8 が搭載されたパソコンやタブレット端末