長く発売が待たれていた Windows 8 がついにリリースされた。Microsoft は10月25日、New York でイベントを開催し、この新しい OS の船出を祝った。

米国メディア CNET は、このイベントの模様を次のように伝えている。

「数年間に渡る開発を終え、Windows 8 を買うか買わないかの判断が消費者に委ねられる時がやってきた。Windows 8 は、世界中で現地時間の深夜12時1分に販売開始される。アップグレード価格は39.95ドルにまで抑えられた。

Microsoft の Windows 開発責任者である Steven Sinofsky 氏は、New York のイベントで次のように述べた。

『これは、これまでの Windows の中で最高のリリースだ。Windows 8は、190か国で12億4,000万時間かけ、顧客環境での厳しいテストを受けてきた』」

米国メディア PCMag は次のように伝えた。

「Steve Ballmer 氏は Sinofsky 氏の次に登壇し、Sinofsky 氏の発言をなぞった。

『Windows 8 PC は、これまでで最高の PC だ。Windows 8 は利用者の生活を明るいものにし、利用者が大事にしているものや大切にしている人へのアクセスを容易にする』」

米国メディア Wired は、Windows 8 の発表イベントを次のようにまとめた。

「新たな発見は何もなかった。Microsoft は、Windows 8 について我々がすでに知っていることを繰り返しただけだった。新しい Windows 8 対応デバイスが発表されることはなかったし、新しい機能が紹介されることもなかった。Ballmer 氏と Sinofsky 氏は、Windows 8 についてこれまでも語ってきたことをただ繰り返した。イベントは、本当に単なるお祝いパーティに過ぎなかった」

米国メディア Computerworld は同イベントの前日、Windows 8 に対する米国調査会社 Gartner の調査結果を伝えていた。

「企業ユーザーは、Windows 8 の採用に向けてすぐに動くことはないだろう。Gartner の市場調査によれば、多くの企業は再来年まで様子見を決め込むようだ」

同メディアは、Gartner のリサーチディレクター Peter Sondergaard 氏の同調査に関するコメントを引用している。

「一般消費者向けタブレットにおける Windows 8 の将来性がどれほど明るいものだとしても、ビジネスの現場で既存デバイスを Windows 8 に置き換える積極的な理由はどこにも見当たらない。このため、企業の90%は、少なくとも2014年までは Windows 8 の大規模な導入を見送るとしている」