米国 Boeing と 韓国 Samsung Electronics は、航空機内でのエンターテイメントや無線通信技術の共同開発、航空機工場での生産性向上などを目的として提携すると米国時間10月22日に発表した。

Boeing と Samsung が技術提携、航空機内向けエンターテイメントや無線通信などを共同開発
Boeing と Samsung が技術提携を発表

両社はまず、乗客のエンターテイメント性を向上させるためのディスプレイ開発と、地対空通信のための無線ネットワーク技術開発に着手する。飛行中でも多くのサービスを、比較的高速・省電力で提供することを目的としている。

Samsung は、Boeing との新たな研究開発関係が、同社の情報技術におけるリーダーシップを継続的に保持することにつながるとしている。

一方 Boeing は、現行の航空宇宙システムのサイクルタイム/コスト/品質の改善や、将来の航空宇宙ソリューション開発に焦点を当てているという。