KDDI沖縄セルラー電話は、両社の各種サービスを利用する際に必要となる共通 ID「au ID」について、登録者数が1,000万人を超えたと10月22日に発表した。

au ID は、2007年9月開始の「au one-ID」がベースの ID 制度。その au one-ID を拡張し、マルチ デバイス環境でシームレスなコンテンツ利用を可能とする「スマートパスポート構想」実現のため、2012年3月に au ID へとリニューアルさせた。対象デバイスを携帯電話からスマートフォン、タブレット端末、パソコン、テレビなどに拡げ、対象コンテンツを増やすことで、「コンテンツやサービスを、いつでもどこでも最適なネットワークで、好きなデバイスで、さらに便利に」利用してもらいたいという。

KDDI 、各種サービス用共通 ID「au ID」の登録者数が1,000万人を突破
スマートパスポート構想

現在 au ID で利用可能なサービスは、スマートフォン向け定額サービス「au スマートパス」のほか、「ビデオパス」「うたパス」「ブックパス」といったコンテンツ サービス、決済サービス「au かんたん決済」など。au ID で KDDI のパートナ サイトにログインしたり、外部サイトの ID と au ID を連携させたりすることも可能。

au ID で利用可能な主なサービス
au ID で利用可能な主なサービス
(出典:KDDI)