米国 Google は、2012年第3四半期の決算を発表した。売上高は増加したものの、減益という結果になり、アナリストなどの予想を大きく下回った。

当期総売上高は141億ドルで、前年同期比で45%増加だった。なお、Google の売上は前年同期比19%の増収となる115億3,000万ドル(構成比82%)だったが、買収した Motorola Mobility の売上が25億8,000万ドル(構成比18%)を占めた。

GAAP ベースの営業利益は27億4,000万ドルで、前年同期の30億6,000万ドルから減少した。Google のみの営業利益は32億6,000万ドルと増加したが、Motorola が5億2,700万ドルの営業損失を出したため、減益となった。

当期純利益は前年同期の27億3,000万ドルから減少し、21億8,000万ドル(前年同期比20%減)だった。

発表日は現地時間10月18日。

米 Google 2012年第3四半期の決算、予想を下回る
Google 損益計算書