シーメンス PLM ソフトウェアは、原子力発電所での放射線被爆量を削減するための 3D 作業プランニングツールの開発を支援する、と10月19日に発表した。

シーメンスPLMソフトウェア、原発の放射線被爆量削減に向けた支援ツールを発表
ALARA Planning
出典:Siemens

同ツールは、作業プランナーが原子力発電所での保守作業を、より効率的に設計、計画できるように支援して、作業員の被爆線量を低減させようというもの。保守作業の仕方によって放射線被爆量がどのように変わるかを、発電所の作業員がアバターを使って評価できる。

同ツールの開発は、米国 Electric Power Research Institute(EPRI)、米国 Fiatech、、米国 CSA とともに進められている。