日本マイクロソフトは、ビジネス用アプリケーションパッケージ製品「Office 2010」を搭載した PC または、パッケージ版を新規に購入したユーザーに、2013年第1四半期に発売が予定される“次期 Office”を無償で提供する「次期 Office 無償アップグレードプログラム」を10月19日に開始した。

日本マイクロソフト、Windows 8 PC 購入者などに次期 Office を無償でアップグレード
2013年第1四半期に“次期 Office”の発売が予定される

同プログラムは、プレインストール版およびパッケージ版 Office 2010 を購入し、期間中にライセンス認証したユーザーに対して、次期 Office を無償で提供するサービス。ライセンス認証期間は、プレインストール版が2012年10月19日から2013年4月30日まで、パッケージ版が2012年10月19日から次期 Office 発売開始前日までとなっている。

次期 Office をダウンロードするには、次期 Office 発売日から2013年5月31日までの間にプロダクトキーを入手する必要がある。なお、プロダクトキーを期間内に取得すれば、インストール自体は上記期間終了後もできる。

同プログラムは、10月26日から順次発売予定の Office 2010搭載 Windows 8 PC の購入者などが主な対象となる見込み。