米国 Apple が9月21日に iPhone 5 の販売を開始したとき、販売台数は最初の3日間だけで500万台を超えた。だがその後販売台数は伸び悩み、アナリストの予測を下回る可能性もでてきている。

原因は、iPhone 5 が期待外れの製品だったからではない。Apple 製品の製造を請け負う Foxconn での iPhone 5 の生産が追いつかないためだ。

イメージ
iPhone 5 内部

Foxconn の幹部は、米国メディア Wall Street Journal の取材に対し、 iPhone 5 の生産が遅れている理由を次のように述べた。

「iPhone 5 は、これまでで最も組み立てが難しいデバイスだ。より軽く、薄くするために、非常に複雑な設計となっている。Foxconn の従業員が iPhone 5 の組み立てを習得するには時間がかかるだろう。だが、従業員は徐々に慣れてきており、生産性は日々向上している」

同幹部はまた、Foxconn は iPhone 5 のケースに傷を付けないよう、生産工程の見直しを実施したと語る。同社は新たな品質管理方法を導入し、傷のついてしまった iPhone 5 の出荷を防止している。

同幹部は iPhone 5 の新しいコーディング方法は、傷が付きやすいものであることにも触れた。

「美しい外観と、実用性とを両立させるのは、常に困難なことだ」

Foxconn の工場では、9月に大規模な暴動が発生したと報じられた。だが同幹部は、この一件は iPhone 5 の生産に影響を与えていないと強調している。