大日本印刷は、タブレット端末とデジタルペンの入力支援システムと、電子カタログなどの営業支援システムを連携させ、商談の開始から申し込み手続きまでの業務を一貫して支援するサービスを提供する。

入力支援システムは、キーボード入力、タッチ入力、ペン入力のほか、専用紙を使ったデジタルペン入力などの用途に合わせて、各種入力方法に対応している。また、各企業が運用する既存のシステム、または同社の営業支援システムと組み合わせ、商品の説明と申し込み情報の入力を、1台のタブレット端末でできるようになるサービス。

さらに、タブレット端末に蓄積された個人情報などのセキュリティ性の高いデータを、同社のデータセンターに送信して一括管理もできることから、入力システムの構築から運用、保守までのトータルなサービスとして企業は利用できる。

大日本印刷、タブレット&デジタルペンで業務支援サービスを開始
商談の開始から申し込み手続きまで業務を一貫して支援する