米国 Intel は、2012年第3四半期の決算を発表した。売上高は135億ドル、営業利益は38億ドル、純利益は30億ドル、そして1株当り利益は58セントになったという。また同社は、営業活動を通じて約51億ドルの現金を創出し、11億ドルの配当金を支払い、12億ドルの普通株式を買い戻した。決算発表日は10月16日。

社長兼 CEO の Paul S. Otellini 氏は次の要に述べている。

「2012年第3四半期の業績は、継続する厳しい経済環境を反映する結果となった。コンピューティングの世界では、画期的な技術革新が進み、創造性が発揮されている。第4四半期の展望として、今後も進展していく Ultrabook と携帯電話に満足すると同時に、Intel アーキテクチャーを採用した多彩なタブレット端末の市場投入を楽しみにしている」

米 Intel が2012年 Q3 決算を発表、Q4 は Intel タブレットに期待
Intel が2012年 Q3 決算を発表