NTT コミュニケーションズ(NTT Com)は、ミャンマー連邦共和国へ進出する多国籍企業に ICT ソリューションサービスを提供するため、ミャンマー最大の都市であるヤンゴン市に、NTT Communications(Thailand)Co., Ltd.(本社:タイ、バンコク)の支店を開設し、10月17日に営業を開始した。

ミャンマー支店の開設は、同国の通信事業者などと連携した ICT ソリューションサービスを提供し、ミャンマーへ新たに進出する多国籍企業の円滑な事業展開を支援することを目的としている。外資系通信企業として初のミャンマー拠点であり、メコン経済圏においては5か国7都市、海外全体では31か国・地域87都市に拠点を展開することとなる。

メコン経済圏 NTT Com 拠点展開図
メコン経済圏 NTT Com 拠点展開図

ミャンマーは豊富な労働人口や天然資源にも恵まれており、今後の成長が期待されることから、2011年3月の民政移管以降、新市場としてその存在感を増している。また、メコン経済圏を東西南北に貫く3 つの経済回廊で、各種インフラの整備が進んでおり、当該エリア全体で事業を展開する企業が増えているという。

経済回廊とは、人材・物資の活発な移動を目的とした道路や橋梁などの運輸インフラを中心とした経済圏のこと。「東西回廊」がベトナム・ラオス・タイ・ミャンマーをつなぐ経済回廊、「南北回廊」がタイ・ラオス・ミャンマー・中国雲南省をつなぐ経済回廊、「南部回廊」がベトナム・カンボジア・タイをつなぐ経済回廊を指す。