ソフトバンクは、米国の大手携帯電話キャリア Sprint Nextel を買収して子会社化すると10月15日に発表した。買収金額は約201億ドル(約1兆5,709億円)で、買収後の議決権付き株式の保有比率は70.0%とする。両社を合わせると、顧客数は日米市場で最大級、移動体通信事業の売上高は世界第3位になるという。両社の取締役会はこの取引について決議済みで、今後は Sprint 株主および監督官庁などの承認により取引が実行される。取引の手続き完了は2013年半ばと見込む。

ソフトバンクが約1兆5,709億円で Sprint Nextel 買収、世界3位の携帯電話キャリア グループに
Sprint Nextel 買収に関する記者会見の映像
壇上中央:ソフトバンク代表取締役社長の孫正義氏
壇上右/背景のスクリーン:Sprint Nextel CEO の Dan Hesse 氏

ソフトバンクは約201億ドル(アドバイザリー費用などは除く)で Sprint 株式3,241,403,146株を取得し、子会社化する。Sprint の上場は維持させ、残る30%の株式は既存株主が継続保有することになる。

買収にかかわる投資額のうち80億ドル(約6,240億円)はSprint の財務体質を強化するための資金とする。これにより、Sprint はモバイル ネットワーク強化、戦略的投資、バランスシート改善などを実行し、「今後の成長のための経営基盤の強化を進めていく」計画。

今回の買収について、ソフトバンク代表取締役社長の孫正義氏は「ソフトバンクがスマートフォンや LTE などの次世代高速ネットワークの知見を活用して、世界最大の市場である米国でモバイル インターネット革命を展開できる素晴らしい機会」とみる。また、Sprint の CEO である Dan Hesse 氏は、ソフトバンクによる買収の効果として「日本におけるソフトバンクの LTE 展開の成功例を学んで当社の高度化された LTE ネットワークを構築できること、カスタマー エクスペリエンスを改善できること、事業の回復を継続できること」を挙げた。

買収後も Sprint の CEO は、引き続き Hesse 氏が務める。新 Sprint の取締役会は10名構成とし、そのうち3名は現 Sprint の取締役から、1名は現 CEO が選ばれる。

ソフトバンクによる買収を発表した Sprint Nextel のプレスリリース
ソフトバンクによる買収を発表した Sprint Nextel のプレスリリース

なお、ソフトバンクによる Sprint Nextel 買収の件は10月11日に報道され、両社はこれまで「協議中」としていた(関連記事)。

また、ソフトバンクはイー・アクセスの完全子会社を10月1日に発表したばかり。