キングジムは、マウスでなぞった部分をスキャンしてデータ化できるハンディ スキャナ「マウス型スキャナ MSC10」を発表した。発売日は11月2日。メーカー希望小売価格は1万1,550円(総額)。

マウスでなぞった部分を取り込めるスキャナ「マウス型スキャナ」、キングジム
「マウス型スキャナ MSC10」

マウス型スキャナは、対象物をマウスでなぞることでスキャンしてデータ化できるハンディスキャナ。新聞や雑誌の必要部分や、一般的なスキャナにセットできない大きな原稿の一部を取り込む際に役立つという。A4(210×297mm)までスキャン可能で、通常時はマウスとしても使用できる。

同製品では、付属の windows 用ソフトウェアを起動後、対象物をマウスでなぞることでスキャンできる。なぞった部分は PC 画面に表示されるので、スキャンした範囲を確認可能。スキャン完了後は、トリミングやコントラストなどの機能を用いて編集したり、不必要な部分を消しゴム機能で削除したりできる。

マウスでなぞった部分をスキャンできる
マウスでなぞった部分をスキャンできる

また、付属のソフトウェアは OCR 機能も備えており、スキャンしたデータに含まれる文字を読み取り、テキストとしても保存できる。保存形式は、PDF や JPEG などの7種類から選択可能。

マウスのサイズは幅60×奥行き115×高さ37mm、重さは約110g。ケーブルの長さは約1.5m。