人材管理(HCM)ソリューション会社の米国 SumTotal Systems は、経営陣に新しく加わった2人のメンバーを発表した。

ひとりは Oracle で HCM 担当副社長だった Bill Shaheen 氏で、SumTotal の国際販売部門担当上級副社長に任命された。もうひとりは SuccessFactors でグローバルマーケティング担当 VP だった Holly Rollo 氏で、CMO(Chief Marketing Officer)に任命された。

Shaheen 氏も Rollo 氏も CEO John Borgerding 氏の直属となり、8月下旬に Goldman, Sachs から来た新 CFO Jeff Laborde 氏とともに、新たに拡大した経営陣に参加する。

Shaheen 氏は、ソフトウェア業界における売上促進に関して20年の経験がある。Oracleでの仕事に加え、Taleo では大企業の販売グループを率い、Unicru とRequisite Technology で上級営業管理職を歴任している。

Shaheen 氏は、SumTotal に魅かれた理由として、SumTotal HCM ポートフォリオソリューションの幅広さと顧客基盤の深さを上げ、SumTotal は成長に向かういいポジションにある、と語っている。

「HR バイヤーは、HCM ソリューションに焦点を当てたパートナーと手を組みたがっている。そして、SumTotal は、世界最大の、独立系 HCM 専門プロバイダである。全世界に3,500以上の顧客、4,500万ユーザーを抱える SumTotal は、盤石の顧客基盤を持ち、国外で拡大し続けている。今後は、顧客の成功に注力、全体にわたってレベルの高い価値を提供していきたい」(Shaheen 氏)

また Rollo 氏は、テクノロジーカンパニーでマーケティング戦略の開発とグローバルでの成長を主導した20年以上の経験があり、SuccessFactors で経営幹部を務めた。それ以前は、Cisco、SAP、Sybase、Veritas、IBM でマーケティング責任者を歴任、クラウドベースコンピューティングでは10年以上の経験がある。

Rollo 氏は、「SumTotal はマーケッターの夢である。なぜなら、Fortune 500 企業を顧客基盤に持つ利点を備えて、まったく新しい会社を開始するようなものだからだ」と語った。

SumTotal は、統合タレント管理ソフトウェアの Softscape を2010年に買収、昨年はさらに3つの会社を買収した。ひとつは、クラウドベースの学習管理ソフトウェア企業の GeoLearning、2つ目は戦略的人材管理ソフトウェアに特化した Cybershift、3つ目は給与/給付ソフトウェアが専門の Accero だ。

Rollo 氏はさらに、以下のように語った。

「SumTotal は業界最高の秘密だ。多くの人が SumTotal を主要な学習ベンダーとして記憶しているが、しかし、18か月前とはまったく違う企業なのだ。SumTotal は統合されたものの上にあり、エンドツーエンドの HCM ソリューションを、統合されたユーザー体験とともに、今日の単一のプラットフォームで提供できる。企業や製品を統合するという作業は完了し、われわれは今、成長へとギアを入れた。今後、ソーシャルコラボレーション、モバイル、分析分野での革新をもたらし続ける」

SumTotal には日本法人もある。設立は2001年だが、今回の米国での大幅な経営陣の拡大に伴い、日本法人の代表取締役社長に平野正信氏が就任した。

平野氏によると、SumTotal が手掛ける LMS(Learning Management System)は、ERP、CRM に続く最後のエンタープライズ系のアプリケーション分野だ。SAP も Oracle もこの分野だけは手薄であるという。

LMS は E ラーニングをさらに組織的に管理するもので、学習コンテンツをただ与えるだけではなく、受講者や受講方法、コンテンツ、進捗状況などを、組織と絡めて管理する。コンプライアンスや製品の操作方法の学習、さらに、入社から退社まで人材のライフサイクル管理までを含む。

米 SumTotal、成長に向けて販売、マーケティング担当 VP で新人事
右が日本法人代表取締役社長の平野正信氏、左が執行役員の古澤淳氏