ソフトバンクは、「ソフトバンクが米国の大手携帯電話キャリア Sprint Nextel の買収を目指し、両社が交渉中」と報じられた(NHK、日本経済新聞)ことに対し、「憶測に基づいたものです。当社から発表したものではなくコメントはありません」との声明を10月11日に出した。

※10月12日追記(japan.internet.com 編集部):ソフトバンクも10月12日、「協議をしていることは事実ですが、現時点で決定した事実はありません」との声明を改めて出しました。

※10月16日追記(japan.internet.com 編集部):ソフトバンクは10月15日、Sprint 買収を正式に発表しました。詳しくは関連記事をご覧下さい。

これに対し、Sprint は「ソフトバンクと何らかの取引を行う可能性がある」とし、「ソフトバンクが Sprint に対して相当規模の投資を実施することについて、両社間で協議中」とプレスリリースで認めた。ただし、交渉で何らかの合意に達しない限り、これ以上のコメントは控えるとしている。

NHK の報道によると、Sprint は米国で第3位の携帯電話会社。ソフトバンクが買収すると、投資額は「1兆円に上る」としている。一方、日本経済新聞は、買収額が1兆5,000億円を超えると見込む。

なお、ソフトバンクはイー・アクセスの完全子会社を10月1日に発表したばかり。

ソフトバンクの Sprint Nextel 買収報道、Sprint は「協議中」と認める
「ノー コメント」としたソフトバンクのプレスリリース
(出典:ソフトバンク)

「協議中」とした Sprint Nextel のプレスリリース
「協議中」とした Sprint Nextel のプレスリリース
(出典:Sprint Nextel)