ニフティは、「ニフティクラウド」のパートナーを支援する、課金決済やユーザーサポートのプラットフォームの販売を、10月9日から開始した。これにより、IaaS のサードパーティソリューションや業務系 SaaS の展開を強化する。

ニフティ、「ニフティクラウド」のパートナー向けプラットフォームを提供開始
「ニフティクラウド」プラットフォームの活用イメージ

「ニフティクラウド」を利用することで、ISV などのパートナーは自社が提供するサービスやアプリケーションの流通/販売からユーザーの一次サポートまで、ニフティに任せることができ、サービスの販売にかかる工数を削減できる。さらに、「ニフティクラウド」が展開するキャンペーンなども適用されるという。

また、SIer などのパートナーは、「ニフティクラウド」(IaaS)に加えて、IaaS のサードパーティソリューションや業務系 SaaS をニフティから一括して調達し、ユーザー企業に対し、クラウドを活用したソリューションを提供できるようになる。

今後、ニフティは本プラットフォームにユーザー認証や顧客管理など、さらなる機能拡充を実施していくという。