アウルは、企業間のコラボレーションを促進させることを目的に「コラボレーション相手」を探すことができる Web サイト「spira(スパイラ)」を公開した。

アウル、企業間の“コラボ”マッチングサイト「spira」を公開
spira Web サイトイメージ

spira は、コラボを実現したい企業同士の「マッチング」を支援する Web サイト。対象は、商品・サービス、タレント、イベント、キャンペーンなど、直接的な金銭授受を伴わないマーケティングに関する案件となっている。

利用の流れはまず、コラボ先を探す企業が商品・サービスを「案件」として spira 上で公開する。公開された案件を見て「コラボしたい」と思った企業は、spira 上の案件に対してエントリー可能。双方が合意すればコラボ成立に進めることができる。案件に対してエントリー企業が複数ある場合は、管理機能で絞り込み、メッセージ機能でコミュニケーションすることも可能。

spira コラボ 公募内容ページイメージ
spira コラボ 公募内容ページイメージ

基本利用料金は無料。ただし、公募できる案件数は1つに限られる。有料オプションとしては、公募案件数の制限解除ライセンス(10万円/月)、注目の案件枠へ広告出稿できる広告枠(20万円/2週間)、運用代行(15万円/月)などがある。

同社によれば、8月末に公開した spira アルファ版においては、デジタルハリウッド、よみうりランド、FOX インターナショナル・チャンネルズなどの企業が参加している。また今後は、中小零細企業や地方を拠点にした企業、伝統文化を業とする企業のコラボも対象として展開する予定。さらに、日本企業と海外企業のコラボを言語の壁を超えて容易にする“コラボ”プラットフォームを目指し、公開から1年間で国内100社の導入を目指すという。