メールサーバーアプライアンス「Mirapoint Message Server」に搭載される Web メール「Mirapoint WebMail」がスマートフォンに対応した。ミラポイントジャパンが10月31日から販売を開始する。

新しい Mirapoint WebMail は、iPhone/Android スマートフォンに対応するもので、ユーザーはスマートフォン搭載の標準 Web ブラウザからアクセス、パスワードで保護された専用 Web ユーザーインターフェイス(Web UI)でメールを利用できる。Web UI は、スマートフォンのタッチパネル環境で操作しやすいよう、新たに開発された。

Mirapoint Message Server は、メールに必要なコンポーネントを最適化した状態で1台の専用機に統合したメールサーバーアプライアンス。その機能の一部として Web メールである Mirapoint WebMail がある。

導入に際しては、「Mirapoint WebMail Smartphone Edition」のライセンスを購入、Mirapoint Message Server の管理画面からアップデートを追加するだけで利用できるようになる。メールサーバーにソフトウェアをインストールする必要も、別途サーバーを調達する必要もない。

海外では、スマートフォンから企業のメールサーバーへアクセスする場合は、IMAP 接続が一般的だが、日本国内では、サーバーにメールデータを残す方式の IMAP 接続であっても、端末にもデーターが残ることから、紛失・盗難の可能性が高いスマートフォンでは IMAP 接続を禁止する企業も少なくない。今回の Mirapoint WebMail のスマートフォン対応は、こうした日本国内のニーズに応えるもの。Mirapoint Message Server は、メール専用の独自 OS を搭載しており、既知のハッカー攻撃も存在しない。

ミラポイント、アプライアンスでスマートフォン対応 Web メール
スマートフォン対応ミラポイント