Business

ビジネス

セントラル警備保障、KCCS の Pilina WiMAX 固定 IP による監視カメラシステムを販売

japan.internet.com 編集部
2012年10月9日 / 18:00
 
 
京都の京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、セントラル警備保障(CSP)の画像サーバー内蔵カメラシステム「ポンカメシリーズ」に対し、高速モバイル通信サービス「Pilina WiMAX」の固定 IP サービスを開始した。

Pilina WiMAX は、KCCS が WiMAX コアネットワークを自社で構築/運用する高速モバイル通信サービス。MVNO 向け WiMAX 回線卸サービスや M2M 向けとして、PUSH 通信に適した固定 IP サービス、秘匿性の高いセキュアな閉域ネットワークサービスなど、独自のモバイルネットワークを提供している。

一方、CSP では2011年10月に CSP 画像センターを設立するなど、カメラシステムや画像解析による画像関連サービスに注力しており、ポンカメは、撮影/録画が一体化した監視カメラシステムで、遠隔地より録画データを閲覧できる。録画データには Wi-Fi や WiMAX でアクセスする。また、無線通信と高性能ズームで多様な設置条件に対応できることから、コインパーキングや自動販売機、踏切、イベント会場の監視など、さまざまな場面での活用が期待される。

ポンカメの WiMAX 通信では、従来、動的グローバル IP アドレスが使われていたが、今回、CSP では競争力の強化を図るため、ポンカメに KCCS の Pilina WiMAX の固定 IP サービスが利用できるラインアップを追加した。これにより、シンプルな構成でかつ低コストでポンカメのシステムを販売できるようになった。

今後 CSP では、ポンカメ以外にも、画像関連サービスやマルチファンクション WiMAX ルータなどのサービスで Pilina WiMAX を活用することを検討している。

セントラル警備保障、KCCS の Pilina WiMAX 固定 IP による監視カメラシステムを販売
Pilina WiMAX による録画データへのアクセスイメージ
【関連記事】
京セラ、グローバルでも利用できるクラウド型ネットワーク脆弱性診断サービス
KCCS、連結経営管理ソリューションの新版をリリース
京セラ、「デクワス」連携で広告配信サービスを開始
KCCS、ビッグデータ解析に SaaS 型サービス「デクワス」を開始
KCCS、分析機能を強化した連結経営管理ソリューションを販売

関連キーワード:
Wi-Fi
 
WiMAX
 

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites