大和ハウス工業は2012年9月21日、セラピー用アザラシ型ロボット「パロ」のギネス世界記録認定10周年を記念して、限定色「さくら」と「チャコールグレー」のパロを期間/数量限定販売すると発表した。期間は2012年9月20日から12月25日、数量は200体。

世界で最もセラピー効果のあるロボット「パロ」、ギネス認定10周年記念で限定色発売
右の2体が新色の「さくら」と「チャコールグレー」

パロは、タテゴトアザラシの赤ちゃんをモデルにしたロボット。2002年に「世界で最もセラピー効果のあるロボット」としてギネス世界記録に認定された。

大和ハウス工業ではパロを2010年11月から取り扱っている。今回、パロがギネスに認定されてから10周年を迎えたことを記念し、限定色「さくら」と「チャコールグレー」の販売に至った。

パロは、人と動物との触れ合いによるアニマルセラピー効果(心理的効果・社会的効果)を期待され、現在世界30か国以上の高齢者施設や病院などで約2,200体が導入されている。2012年にはドイツのニーダーザクセン州で、パロによる訪問セラピー費用が、健康保険(日本の介護保険に相当)の適用対象となったという。