Business

ビジネス

“財産”である時間を有効活用するスキルアップ手段、オンライン英会話に注目集まる

japan.internet.com 編集部
2012年8月27日 / 11:00
 
働き方や余暇の楽しみ方などライフスタイルが多様化する中で、多くのビジネスパーソンにとって1日24時間という限られた時間をいかに有効に活用するかということは、重要な問題だ。多くの人にとって、時間はお金では換えられない"財産"であり、その財産を自分自身のライフスタイルの充実にいかに効果的に活用するかという点については、多くの人が関心をもつところだろう。

ライフスタイルの充実を考えたときに、ひとつ思いつくのは資格取得や語学学習、趣味、スキルアップのためにスクールに通ったり、通信講座を受けるといった選択肢だ。これも、多くの人が関心を寄せるところだが、しかし一方で多くの人が足を踏み込めなかったり、途中で断念したりする。その原因が、「まとまった時間の確保ができない」ということだ。スクールも、通信講座も、しっかり取り組もうとすると週に何時間も時間を割かなければならず、仕事やそれ以外にやりたいことを優先させると、その時間の確保は難しくなってしまうのだ。

例えば、英会話を学びたいという人にとって、英会話スクールを検討すると登校する時間や手間、レッスン時間の確保などが難しく、「英語を学びたいが、時間がない」と嘆く人は少なくない。そのような人が、限られた時間を有効活用して効率よくスキルアップする手段として活用しているのが、Skype を使って自宅に居ながらいつでも短時間の英会話レッスンが受けられる「オンライン英会話」だ。

オンライン英会話サービス「hanaso」
オンライン英会話サービス「hanaso」

● 「英語を学びたい、しかし時間がない」この悩みに応えるオンライン英会話

オンライン英会話サービス「hanaso」を運営する株式会社アンフープの漆畑氏にお話を伺ったところ、同サービスで英会話を学習している受講生の多くが「英語を学びたいが、時間がない」という悩みを持ってサービスに関心を持っているという。しかし、オンライン英会話を上手に活用することで、学習時間を確保し、スキルアップに成功しているのだという。「『hanaso』を受講する生徒の大半は社会人で、忙しい人が多い。彼らにとって、学習時間の確保は深刻な課題だが、オンライン英会話をきっかけに多くの人が英会話スキルを向上させている」と漆畑氏は語る。

当然だが、英会話は一度レッスンを受けただけでは身につけることはできず、習得のためには継続的な学習が不可欠となる。この点からも、例えばレッスンスクールに数回通っただけでは、英会話を身につけることは難しく、せっかくの投資も無駄になってしまう。いかに時間を有効に活用しつつ、継続的に学習できるかという点が重要になってくるのだ。この点については漆畑氏も、「英語学習は、一定レベルまで到達するまでにまとまった時間が必要だ。無理のないスケジュールで、できれば毎日英語に触れる時間をつくるべきだ」と語る。

「hanaso」の場合、1レッスンが25分と短く、ちょっとした空き時間でも毎日レッスンを受けることができるが1週間毎日レッスンを受ければ3時間学習したことになる。英語に触れることを習慣づけて1週間あたりのレッスン時間を増やしながら、無理なくペースを上げていくことが重要なのだ。ちなみに、「hanaso」の受講生の平均受講回数は週4〜5日と平日はほぼ毎日受講しているのだそうだ。「学習の間隔が空いてしまうと、レッスンに対する手応えや成長しているという実感、そしてもっと頑張ろうというモチベーションが生まれず、すぐに諦めてしまう。短期的な目標を立ててそれをクリアしていくことでモチベーションを高めていくのが重要だ」(漆畑氏)。

● 学びたい人の"時間の有効活用"ニーズに応えるサービス運営者

漆畑氏によると、オンライン英会話サービスでは、受講生が自分の時間を有効に活用しながら学習効果を最大化できるよう、サービスに様々な工夫が施されているのだという。例えば「hanaso」の場合、レッスン時間は1回25分に設定されている。これは英語学習に必要な体力や集中力を考慮し、短い時間で充実したレッスンを受けられるように考えた結果設定されたのだそうだ。

そして、レッスン時間や予約システムにも工夫がされており、レッスン時間の枠はビジネスパーソンの帰宅後の時間を有効活用できるよう、平日夜間に集中的に用意。予約はレッスン開始の15分前まで可能で、自宅で少しの空き時間ができたときに、すぐに予約してレッスンを始められるよう工夫しているのだそうだ。また一方、急な予定が入ってレッスンが受けられなくなっても、開始30分前までキャンセルを受け付けており、キャンセル料も不要なのだという。受講生のスケジュールの変化に柔軟に対応できるシステムにしたことで、受講生は自分の時間を効率よくレッスン時間に割くことができるのだ。

このようなサービスの工夫に対しては、受講生からも好評を得ているようだ。実際に受講生にお話を伺ったところ、31歳システムエンジニアの男性は、「以前は英会話スクールに通っていたのだが、仕事が忙しくなるとなかなか行くことができなかった。『hanaso』は最終レッスンが24:30までで、場所を選ばす受講できるので、空いた時間に無駄なく英語の学習ができている。ウェブから予約・キャンセルができるので急な予定変更にも対応しやすい」と評価。また、海外の学会発表で行う英語スピーチのスキルを磨いているという医師の50歳男性は、「毎日自宅・職場を問わず英会話レッスンができ、移動時間を必要としない。講師も大勢いるので、自分に合った講師を見つけるのに困らない」とその利便性に満足をしているようである。

● 計画・目標を持ち、時間を有効活用することが成功への近道

ビジネスパーソンにとって、時間を有効に活用して効率よく自分を高めていくという取り組みは、ライフスタイルやビジネスが多様化し、変化し続ける現代社会を生き抜くために重要なことだ。そして、これは英会話に限らず、ビジネスパーソンにはあらゆるシーンで「やりたいこと」や「しなければならないこと」の効率化、最適化、厳しい自己管理が求められる。オンライン英会話はこのような時代のニーズにマッチしたサービスだと言えよう。

最後に、この点について漆畑氏に伺った。「時間を管理して有効活用するためには、目標や計画を立ててそれを実践しようとする意思と実行力が重要だ。オンライン英会話は、その意思をサポートする存在でありたいと考えている。英会話を継続的に学習したい人は、自宅にいるときの休息や娯楽を楽しむ"すきま時間"をほんの少しスキルアップのために割いて欲しい。『hanaso』は、その限られた時間に対する効果を最大化させるためのサービスを、これからも提供していきたい」(漆畑氏)。
【関連記事】
英語圏やアジアからの宿泊客に対応した通訳サービス「smart assist」
Yahoo! で「iKnow!」する?―セレゴの英語学習サービス開始
中国の街で見かけるおかしな英語「Chinglish」
【書評】『たかが英語!』―楽天社内英語化で三木谷氏が意図するもの
アルク、kobo イーブックストア向けに英語学習書籍7タイトルをリリース

関連キーワード:
Skype
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites