Business

ビジネス

7月の米国検索エンジンランキング、Google が6割超で引き続き首位

japan.internet.com 編集部
2012年8月17日 / 12:30
 
 
 
米国 comScore は2012年8月15日、2012年7月の米国検索エンジン市場に関する調査結果を公表した。同調査では、Google 関連サイトの市場シェアが66.8%(前月比±0ポイント)となり、7月の米国の検索市場を引き続き主導する結果となった。以下、Microsoft 関連サイトが15.7%(同0.1ポイント増)、Yahoo! 関連サイトが13.0%(同±0ポイント)、Ask ネットワーク 3.1%(同0.1ポイント増)、AOL が1.5%(同±0ポイント)と続く。

7月の米国検索エンジンランキング、Google が6割超で引き続き首位
2012年7月 各社の検索市場シェア

また、実行された検索回数は全体で177億回(前月比3%増)。内訳は、Google 関連サイトが118億回(同3%増)で首位。以下、Microsoft 関連サイトが28億回(同4%増)、Yahoo! 関連サイトが23億回(同3%増)、Ask ネットワークが5億4,800万回(同6%増)、AOL が2億6,400万回(同±0%)。

2012年7月 各社の検索回数(万回)
2012年7月 各社の検索回数(万回)
【関連記事】
ヤフー、就活サイト「Yahoo!就職活動」の Android 版アプリをリリース
Google は、利用者の Chrome Web ブラウザにインストールされたアプリをリモートからアンインストールできる
リコー、震災被災地で回収された写真の検索に NEC の顔認証技術を導入
最も検索された競技は「サッカー」、選手は「内村 航平」―Google、2012年夏季オリンピック検索ランキングを発表
冬の備えは万全、すべり止め付きスマホ手袋「スマートタッチ」

関連キーワード:
Google
 
Yahoo
 
Microsoft
 

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites