Business

ビジネス

ナビタイム、Android用カーナビアプリ提供開始、圏外でも利用可能

japan.internet.com 編集部
2012年8月2日 / 11:40
 
 
 
ナビタイムジャパンは2012年8月1日、Android 端末向けカーナビアプリ「カーナビタイム for Smartphone」の提供を開始した。地図データをダウンロードすることで圏外でも利用可能。 Google Play で 3 日間無料で使える試用版をダウンロード提供中。継続利用する場合の料金は月額 525 円(総額)、または年額 5,700 円(同)。Android OS の対応バージョンは 2.3 以上。

ナビタイム、Android用カーナビアプリ提供開始、圏外でも利用可能
カーナビタイム for Smartphone

同社が既に提供していたカーナビアプリ「ドライブサポーター」は、地図データがサーバー側にあり、通信が圏外の場合は利用不可能であった。一方でカーナビタイム for Smartphone では、地図データを端末にダウンロードすることで、通信が圏外の時でもナビゲーションと経路検索が行える。

アプリ画面
アプリ画面

ルート検索では、「推奨」「高速」「無料」という条件に加え、燃料消費量をなるべく抑える「ECO」、近くに景観のよい区間を優先的に通る「景観」の5条件の選択が可能になった。また過去の走行履歴からルート検索を行う「いつもの道優先」も追加され、一人ひとりが使いやすいルート検索になったという。

ルート検索画面
ルート検索画面

また、駐車場の満車空車情報、ガソリン価格、渋滞情報といったスマートフォンの通信機能を活用した新機能も備わっている。
【関連記事】
タニタの Bluethooth 体組成計、スマホで健康管理
スマホを“振って”クーポンなどを取得できる「grabee(グラビー)」を8月から提供開始
ドコモ、“ジョジョ”スマホ「L-06D JOJO」8月18日予約受付開始ィィッ!!
BIGLOBE、スマホ向け「世界のカブト・クワガタ図鑑」で全120種を網羅
ソフトバンク、900MHz 対応高性能スマホ「ARROWS A 101F」7月28日発売

関連キーワード:
Google
 
スマートフォン
 
Android
 
ナビタイム
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites