Business

ビジネス

ロンドンオリンピックをリアルタイムに応援―コカ・コーラ「オリンピック応援パーク」がリニューアルオープン

japan.internet.com 編集部
2012年7月26日 / 17:00
 
コカ・コーラは、ロンドンオリンピックの情報を集めた同社運営のポータルサイト「オリンピック応援パーク」を、開幕前日の2012年7月26日にリニューアルオープンした。

「オリンピック応援パーク」は、同社が展開するオリンピックのキャンペーンに関連した情報やオリンピックの最新情報、お楽しみコンテンツを提供し、様々な角度からオリンピックを楽しむことができるポータルサイト。サイト PV は、日間250万 PV を誇る。

今回のリニューアルでは、「オリンピックを見ながらみんなで盛り上がろう!」をコンセプトに、同サイトに集まったユーザーがテレビでオリンピックの放送を見ながら、競技を行う選手を他のユーザーと一緒に応援できるコンテンツ「Beat Stadium」を新たに公開した。

ロンドンオリンピックをリアルタイムに応援―コカ・コーラ「オリンピック応援パーク」がリニューアルオープン
「Beat Stadium」

「Beat Stadium」では、オリンピック競技をリアルタイムで応援するユーザーのメッセージを一目で閲覧可能で、自宅や外出先からでも「みんなで繋がって、一緒に応援する」臨場感を楽しむことができる。

応援方法は、「Beat Stadium」のページで選手へ自由に応援メッセージを入力する方法と、今の心境に合う応援スタンプを選んで応援する方法の2種類から選択できる。応援内容は「Beat Stadium」内で公開されるほか、ユーザー自身の Twitter や Facebook、mixi で友だちとシェアすることも可能。

選手への応援メッセージを入力する画面
選手への応援メッセージを入力する画面
*クリックして拡大

応援スタンプを選んで応援する画面
応援スタンプを選んで応援する画面
*クリックして拡大

さらに、「Beat Stadium」のページにユーザーが集まり、応援メッセージや応援スタンプが増えると、「Beat Stadium」上の応援ボルテージが上昇する。値が MAX になると「Beat Stadium」内で、ビートに合わせながらユーザー全員のウェーブが開始する。同ビートには、アーティストの加藤ミリヤさんとコラボレーションして誕生した、同社の「2012年ロンドンオリンピック」のキャンペーンソング「HEART BEAT」を元に制作した音源が起用されている。

そのほか、今回のリニューアルでは「Beat Stadium」以外にも、各種競技の速報や結果、最新ニュース、「日本のメダル獲得数」といったコンテンツを取り揃え、リアルタイムにオリンピックを楽しめる情報も随時公開する。

4年前の北京オリンピックの際に公開された「オリンピック応援パーク」は、約90万人が利用。今回のロンドンオリンピックでは、2008年以降に普及したソーシャルメディアとの連携を図るなどして、オリンピック大会期間中に100万人の利用者を目指すとしている。
【関連記事】
応援メッセージを選手に届けよう! -- JOC 公式「ロンドン五輪応援アプリ」が機能追加
ロンドンオリンピックのマラソンコースを PC 上で仮想体験できる「RUN@LONDON」
ゲイ男性のための SNS サービス「Grindr」、オリンピック選手団のロンドン到着直後にクラッシュ
ロンドン五輪、まもなく開幕!日本エイサーが新宿で応援イベントを開催
ロンドン五輪目前―空港や開催地で役立つアプリ「NRT_Airport Navi」/「NariTra」/「世界の国歌」

関連キーワード:
Facebook
 
Twitter
 
mixi
 
オリンピック
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites