Business

ビジネス

【書評】『たかが英語!』―楽天社内英語化で三木谷氏が意図するもの

「IT の耳」編集チーム
2012年7月26日 / 12:20
 
 
 
楽天の社内公用語が7月から英語になった。楽天の英語公用語化で賛否両論噴出したが、どちらかというと否定論のほうが多い。日本企業なのに、なぜ公用語を英語にするか、日本人社員同士でどうして英語を使う必然性があるのか、かえって効率が悪い、英語が堪能だというだけで評価するのはおろかしい、などなど。

本書は、否定論に対する楽天代表取締役の三木谷氏の回答と言ってもいい。

楽天はグローバル企業を目指している。ビジネスツールとしての PC やインターネットの普及で、エンジニアのみならず、ビジネスマンにとっても、英語はいわば全世界の公用語の地位を獲得している。国籍の違う社員や顧客とのコミュニケーションツールとして、英語は必須なのである。

いい、悪いの問題ではなく、グローバル経済で日本企業が生き残るには、このコミュニケーションツールを習得しなければならない。習得するのは「ネイティブイングリッシュ」(Native English)ではない。グロービッシュ(Globish)だ。

「たかが英語ではないか」

………
書評「IT の耳」では、IT 関連企業で出版された書籍、 または IT 業務に携わる個人の方が書かれた書籍を対象に、 書評を掲載いたします。書評として掲載を希望される書籍がありましたら、 下記あてにどしどし寄贈ください。内容などによっては、書評を掲載できない場合もあります。あらかじめご了承ください。

寄贈先:〒105-0011 東京都港区芝公園1-3-9 森隆ビル5F インターネットコム株式会社 「IT の耳」編集チーム
……
【関連記事】
【書評】『フリーカルチャーをつくるためのガイドブック』―著作権に潜む文化の問題
【書評】『なぜあの人は、中学英語でもネイティブと仕事ができるのか』―英語以前の問題に気づこう
【書評】スパコン「京」の開発秘話や世界に挑むプロジェクトリーダーの姿を描く『挑む力 世界一を獲った富士通の流儀』
【書評】『うぶんちゅ!』―オープンソースの OS「Ubuntu」をコミックで学ぶ?
【書評】『ネコの困った!を解決する』―猫には猫の言い分がある

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites