japan.internet.com
ビジネス2012年7月25日 18:10

水着としても使えるビーチサンダル「ThingThong」

この記事のURLhttp://japan.internet.com/busnews/20120725/13.html
著者:japan.internet.com 編集部
海外internet.com発の記事
コピーライターの Douglas Hamilton 氏は同氏の Web サイトで、水着としても使える多機能なビーチサンダル「ThingThong」を発表した。同氏が独自に製作したもので、残念だが市販はされていない。

水着としても使えるビーチサンダル「ThingThong」
「ThingThong」着用イメージ(正面)

ThingThong は、直訳すれば「いちもつサンダル」。鼻緒に特殊な素材を使用しており、通常のサンダルよりも長く伸ばせるのが特徴だ。

鼻緒が伸びる
鼻緒が伸びる

通常はビーチサンダルとして利用できる他、水着がない場合には海水パンツとしても利用できる。1足で2着分の水着となるため、一緒にビーチに来た友人が水着を忘れていた場合でも安心だ。

「ThingThong」着用イメージ(背面)
「ThingThong」着用イメージ(背面)
後ろも安心だ

ただし、利用者が水虫だった場合、犠牲者も2倍となるので、その点については十分な注意が必要となる。

Hamilton 氏は、2つ以上の機能を持つ道具がお好みのようで、ThingThong の他にもそのようなツールを製作して発表している。そのうちの1つが「Bowl Cut Remixed」だ。

Bowl Cut Remixed
Bowl Cut Remixed

こちらは一見、何の変哲もない普通のボウル。だが頭にかぶり、ギザギザにあわせて髪をカットすれば、誰でもセクシーで洗練されたヘアスタイルになれるという優れモノだ。

Bowl Cut Remixed を利用したセクシーで洗練されたヘアスタイル
Bowl Cut Remixed を利用したセクシーで洗練されたヘアスタイル

市販されれば、世界がこのヘアスタイルの男女で埋め尽くされてしまいそうだが、こちらも残念ながら市販の予定はないということだ。
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.