Business

ビジネス

Linux 3.5 リリース―ファイルシステムの信頼性を向上

Sean Michael Kerner
2012年7月24日 / 12:20
 
 
Linux 3.5 リリース
7つのリリース候補と2か月の開発期間を経て、Linus Torvalds 氏は 2012年7月21日の午後、Linux 3.5 カーネルをリリースした。新しいカーネルは、Linux の安定性をより高めるものだ。

多くの Linux ディストリビューションにとって、Ext4 はデフォルトのファイルシステムとなっている。だが、Ext4 は Ext2 や Ext3 に比較すれば高いパフォーマンスと信頼性を提供しているが、他のファイルシステムには機能面で後れを取っている。すでに Linux カーネルに組み込まれている Btrfs や、Solaris で使用される Oracle の ZFS は、整合性チェックで Ext ファミリーの一歩先を行っているのだ。Linux 3.5 カーネルでは、Ext4 の信頼性を高めるため、「メタデータチェックサム」機能を追加した。これは、ファイルシステム整合性の問題点特定を手助けしてくれるものだ。kernel.org の wiki には、次のようにある。

「仮にストレージハードウェアが100%信頼できるものであったとしても、データの転送時や、データの間違った場所への書き込みなどによってデータの破損や消失は発生する。このような事態からデータを保護するには、ファイルシステム上のメタデータオブジェクトのチェックサムを保存するすることが望ましい。それによって、メタデータの破損を防ぐことができる」

wiki には、Btrfs ファイルシステムは、すべてのメタデータブロックへのチェックサムと冗長コピーによって、より強固なデータ保護を提供しているとある。Btrfs は、SUSE Linux Enterprise Server、Oracle Linux そして2013年登場予定の Red Hat Enterprise Linux 7 でサポートされている。今回 Linux 3.5 で Ext ファイルシステムの信頼性を強化したのは、Ext4 ファイルシステムから Btrfs へ移行できない、あるいはしたくない利用者に対して、より向上したファイルシステム整合性を提供するためだ。

Linux 3.5 では、Btrfs に対してもパフォーマンス向上と整合性チェック機能の追加がなされている。Linux 開発者の Stefan Behrens 氏は、カーネルコミットメッセージに次のように書いている。

「最終的な目的は、ドライブのエラーレートが悪化し、ドライブの交換時期が近づいていることを検知することだ。このために、IO エラーを検出するカウンターが追加されている。このソフトウェアは、チェックサムエラーやブロックの破損も検出可能だ」

Linux 3.5 カーネルには、システムをサスペンドモードにする機能も追加された。サスペンドモードを利用した省電力の実現は、Android などのモバイルシステムでは特に重要となる。

Sean Michael Kerner は InternetNews.com の主任編集者。
【関連記事】
【LinuxTutorial】Nvidia に対する怒りをあらわにする Linus Torvalds 氏、生き残る Mandriva、遅れる OpenSUSE
【LinuxTutorial】Linux Mint を搭載した PC「mintBox」と、Sabayon 9の登場
Dell、Quest Software を24億ドルで買収
【LinuxTutorial】Linux 3.5 のリリースサイクルが始まり Fedora 17 がデビュー
Red Hat、RHEL 7 で Btrfs ファイルシステムを本格採用へ

関連キーワード:
Android
 
Linux
 
SUSE
 

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites