Business

ビジネス

Dell、Ubuntu を搭載した開発者向け Ultrabook「Sputnik」を今秋発売へ

Developer.com Staff
2012年7月20日 / 18:30
 
 
 
米国 Dell は2012年5月、開発者向けのノート PC「Sputnik」の開発に取り組んでいることを公表した。そして2012年7月18日、同社は Sputnik を今秋発売予定であると公表した。

Dell のマーケティングディレクターである Barton George 氏は、次のように語っている。

「私が Sputnik について最初にブログ投稿したとき、4,000ヒットもあれば成功だと考えていた。だが、実際には5万を超えるヒットがあった」

Sputnik について語る Barton George 氏
Sputnik について語る Barton George 氏

George 氏のブログ投稿以降、Dell には多くの開発者から Sputnik への期待と提案が寄せられ、Dell はその提案を取り入れながら開発を継続してきたという。

Sputnik は、Dell の Ultrabook XPS 13 をベースに、Ubuntu 12.04 LTS を搭載した開発者向けのノート PC。既報の通り、開発者が開発環境を構築するのに必要なプロファイルが提供される。第一段階として、Dell は Android、Ruby、JavScript 開発用のプロファイルを提供する。

Sputnik が提供するのはプロファイルだけではない。Sputnik はクラウド開発を容易にするため、「マイクロクラウド」と呼ばれる仮想クラウド環境を提供するという。このマイクロクラウド内で開発されたアプリケーションは、Amazon、OpenStack、Azure などの実際のクラウド環境に簡単にエクスポート可能だ。

Sputnik が「マイクロクラウド」提供を決定したのは、開発者からの声に応えた結果だという。現在のエンタープライズアプリケーション開発では、クラウド対応が必須となっている。クラウドに対応したことで、Sputnik はモバイルアプリ開発から、企業向けアプリケーション開発まで、幅広く利用可能なプラットフォームとなった。

Dell は現在も同社の Web サイト「Project Sputnik: Exploratory pilot to develop an Ubuntu-based developer laptop」で開発者からの意見を受け付けている。

Sputnik の価格は、1,500ドル前後と見られている。

Sputnik のベースとなる Dell の Ultrabook XPS13
Sputnik のベースとなる Dell の Ultrabook XPS 13
【関連記事】
Shuttleworth 氏:「来年は、世界で出荷される PC の5%に Ubuntu をプリインストールする」
Web アプリとネイティブアプリの境界線を無くす「Ubuntu WebApps」
【LinuxTutorial】Linux Mint を搭載した PC「mintBox」と、Sabayon 9の登場
【書評】『うぶんちゅ!』―オープンソースの OS「Ubuntu」をコミックで学ぶ?
【LinuxTutorial】Mint が Linux をリフレッシュさせる一方、Mandriva は Mageia に再合流

関連キーワード:
Android
 
クラウド
 
Ubuntu
 
Dell
 
Ruby
 
OpenStack
 

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites