Business

ビジネス

【書評】『フリーカルチャーをつくるためのガイドブック』―著作権に潜む文化の問題

「IT の耳」編集チーム
2012年7月19日 / 06:00
 
 
 
本書によると、「フリーカルチャー」とは、インターネットの普及で可能になった創作形態とそれを共有する文化である。これは、オープンソースソフトウェア運動と密接に関連している。

ソフトウェアをはじめとするデジタル著作物の特徴は、コピーしても劣化しない、オリジナルとまったく同じものだ、という点だ。これにインターネットが加わると、オリジナルが世界中で複製されるという事態も生まれる。

商用ソフトウェアメーカー、音楽業界、映画業界が、一時期、従来の著作権法を振りかざし、違法ダウンロードの取り締まりにやっきになったのは、そんなに昔のことではない。

しかし、数世紀も以前に、紙で作られた書籍の著者を印刷・出版業者から守るために作られた著作権法を、インターネット時代のデジタル著作にも適用しようということに無理があるのではないだろうか。

本書は、著作権法の枠内で内側から改革する、フリーカルチャの新たなライセンスの仕組みである「クリエイティブコモンズ」について、これからの文化のありかたについて、解説する。

………
書評「IT の耳」では、IT 関連企業で出版された書籍、 または IT 業務に携わる個人の方が書かれた書籍を対象に、 書評を掲載いたします。書評として掲載を希望される書籍がありましたら、 下記あてにどしどし寄贈ください。内容などによっては、書評を掲載できない場合もあります。あらかじめご了承ください。

寄贈先:〒105-0011 東京都港区芝公園1-3-9 森隆ビル5F インターネットコム株式会社 「IT の耳」編集チーム

……
【関連記事】
【書評】『なぜあの人は、中学英語でもネイティブと仕事ができるのか』―英語以前の問題に気づこう
【書評】スパコン「京」の開発秘話や世界に挑むプロジェクトリーダーの姿を描く『挑む力 世界一を獲った富士通の流儀』
【書評】『うぶんちゅ!』―オープンソースの OS「Ubuntu」をコミックで学ぶ?
【書評】『ネコの困った!を解決する』―猫には猫の言い分がある
科学雑誌「Newton」iPad 版発売、目と耳で楽しめる仕様に

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites