Business

ビジネス

日立のグループウェア Groupmax を相鉄グループが採用

japan.internet.com 編集部
2012年7月18日 / 20:00
 
 
日立は2012年7月18日、クラウドソリューション「Harmonious Cloud」ラインアップのひとつ、SaaS 型コラボレーションサービス「情報共有基盤サービス Groupmax Collaboration Edition」が、首都圏の大手私鉄、相鉄グループのグループウェアに採用された、と発表した。

相鉄グループの財務処理業務や各種計算事務の代行、ソフトウェア設計、プ口グラム開発や情報提供、運用・保守などの業務を行うシェアードサービス会社、相鉄ビジネスサービスが採用を決めた。

相鉄グループでは、2012年度に相鉄グループ19社、約1,300ユーザーが利用を開始し、2年目以降は相鉄グループ全32社、約4,000ユーザーに拡大する予定。

日立のグループウェア Groupmax を相鉄グループが採用
横浜駅執務室での「Groupmax Collaboration Edition」利用イメージ
【関連記事】
日立、韓国を皮切りに海外で日本企業向けデータセンターサービス
データ暗号「秘文」対応 Android BizPad タブレット登場
日立ユニファイドストレージで VMware 仮想マシンを自動再開できるディザスタリカバリ
日立、サイズやレイアウトが柔軟なコンテナ型データセンター
日立、環境省のライトダウンキャンペーンに参加―通天閣ネオンも消灯へ

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites