Business

ビジネス

スマートソーシャルが Google「GoMo」に参入、PC サイトのスマホ向け最適化ツールを発表

japan.internet.com 編集部
2012年7月17日 / 11:00
 
 
スマートソーシャルは2012年7月17日、Web サイト最適化ツール開発などを手掛けるショーケース・ティービーと提携し、米 Google が提唱する「GoMo」に参入。PCサイトの自動スマートフォン向け最適化ツール「スマートチェンジ」を発表した。8月1日からサービスを開始する。

「スマートチェンジ」では、同ツールのタグを貼り付けるだけで、PC サイトをスマートフォンに最適化されたサイズに調整できるという。ASP サービスでリアルタイムに変換するため、製作から運用までの高額な初期投資は不要で、初期登録料は10万円、月額利用料はサイトの閲覧数による従量課金となっており、月間で10万 PV 以下であれば月額3万円での利用が可能。

「スマートチェンジ」サービスイメージ
「スマートチェンジ」サービスイメージ

「スマートチェンジ」のサービス開始について、同社では、現在のスマートフォン市場に関する米国 Google の「OUR MOBILE PLANET」上の2012年の日本データを基に、スマートフォンからの Web サイトへのアクセスが高頻度であること、ビジネスサイトのスマートフォン最適化が進んでいない企業が多くの潜在顧客を失っていることなどを分析し、今回のサービス展開に踏み切ったとしている。

同社では今後、EC 事業者などスマートデバイスを顧客獲得窓口として活用する企業に対し、「スマートチェンジ」を活用したユーザビリティ・アクセシビリティの向上や、コスト効率化、売上アップに至るまでをサポートするコンサルティング事業を展開する方針。

なお、米 Google が提唱する「GoMo」とは、「Go Mobile!」の略で、ビジネスサイトのスマートフォン最適化を促進する Google のグローバルキャンペーンである。Google の GoMo 日本版サイト上にある簡易診断コンテンツでは、スマホ対策をしたいサイトの URL を入力すると、スマートフォンへの最適化状況を分析する簡易診断結果と、スマートフォン最適化のためのポイントをまとめた情報などを得ることができる。
【関連記事】
ロンドン五輪向けサービス/アプリ続々、Google SV と「いつも NAVI[ロンドン]」
6月の米国検索エンジンランキング:Google が首位をキープ、Bing も微増
Google、データセンターインフラをサービスとして販売
現場作業を効率化する Google Maps Coordinate
佐賀県の武雄市役所、facebook と Google Apps で市民サービスを充実

関連キーワード:
Google
 
スマートフォン
 

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites