Business

ビジネス

日産の本気プロジェクト「にっちゃん」、生活者から募ったアイデアを2.3(にっさん)万円で買い取る企画を開始

japan.internet.com 編集部
2012年7月14日 / 11:00
 
日産自動車は2012年7月12日から、ソーシャルメディアプロジェクト「にっちゃん」の第1弾企画である「あなたの企画を2.3万円でお買い上げします。」を日産のソーシャルサイトで開始した。また13日からは、同社 Facebook ページでも同企画を開始した。

日産のソーシャルプロジェクトサイト
日産のソーシャルプロジェクトサイト
*クリックして拡大

ソーシャルメディアプロジェクト「にっちゃん」は、日産が企業メッセージとして掲げる「今までなかったワクワク」を生活者とともに実現する取り組み。プロジェクトの編集長を務めるのは、「SMAP×SMAP」や「お願い!ランキング」などの人気 TV 番組を手がける放送作家の鈴木おさむ氏で、6月28日にプロジェクトの全貌が発表された。なお「にっちゃん」とは、「日産」と「本気のチャレンジ」をかけて誕生したネーミング。

プロジェクトの第1弾を飾る同企画では、「こんな日産だったら、クルマを買う!」というアイデアから「日産ショールームにイケメン増やしてほしい!」などの些細な企画まで、日産のすべてに関するアイデア・企画をソーシャルで募集する。応募アイディアは鈴木氏が厳正に審査を行い、厳選したアイデアは2.3万円で買い上げる。ちなみに2.3万円は「にっさん(日産)」に由来する。

買い上げたアイデアは鈴木氏が日産自動車に提案し、日産も本気で検討するという。同社は、投稿したアイデアがクルマに採用されるかもしれないというワクワクが詰まった企画だとしており、思わずクルマに乗りたくなったり、日産のお店に行きたくなったりするアイデアを奮って投稿してほしいとしている。

また鈴木氏も、できれば毎月数本を買い取りたいと積極的な姿勢を示しており、「日産の車、シートに座った瞬間、体重と体脂肪を測ってくれたらいいのにね!とか。日産ショールームにイケメン増やしてほしいね!とか。日産の会社のキャッチコピーになるような川柳考えたぞ!とか。どんな些細なことでもいいから、待っています!」とコメントを寄せている。

「にっちゃん」の編集長 鈴木おさむ氏
「にっちゃん」の編集長 鈴木おさむ氏

鈴木は今後「にっちゃん」で、快適かつ事務所として使えるクルマを考える「究極の『移動事務所カー』を作れ。」や、同氏からこれまで培ってきた“どっきり”番組のノウハウをつぎ込む「鈴木おさむプレゼンツ ハッピーどっきり企画」、「検証『クルマでモテるのか?』」などの企画を考案中だという。

■ 日産ソーシャルプロジェクト URL
http://social.nissan.co.jp
■ 日産オフィシャル Facebook URL
http://www.facebook.com/NissanJP
【関連記事】
福島の小学生約100名が「筑波宇宙センター」を体験 -- 日産と JAXA による「星にねがいを!」プロジェクトがイベントを開催
日産と本気チャレンジをかけた「にっちゃん」プロジェクト始動--ソーシャルで「今までになかったワクワク」の実現へ
宇宙からメッセージが届くかも!? -- 日産が宇宙飛行士にメッセージを届けられる“宇宙たんざく’12「星にねがいを!」プロジェクト”を開始
日産、高級コンセプトカーのIVI に Intel Atom を搭載
被災した工場・販売店から全国に向けた”感謝の言葉” -- 日産自動車がメッセージ映像をウェブで公開

関連キーワード:
Facebook
 
SMAP
 
買い取り
 
川柳
 
ソーシャル
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites