japan.internet.com
ビジネス2012年7月5日 20:50

東芝、中国錦州市とスマートコミュニティプロジェクトで覚書を締結

この記事のURLhttp://japan.internet.com/busnews/20120705/4.html
著者:japan.internet.com 編集部
国内internet.com発の記事
東芝は2012年7月5日、スマートコミュニティプロジェクトに関する技術協力の覚書を、中国遼寧省錦州市と締結した、と発表した。今後、両者で具体的な協力関係を協議する。

錦州市では、「新しいエネルギー利用、および省エネ環境保護のモデル都市」推進を目的に、複数のスマートコミュニティ構築プロジェクトが計画されている。東芝は今回の錦州市との合意のもと、同市で計画されるスマートコミュニティプロジェクトに対して、スマートコミュニティ関連技術を提案する。

具体的には、BEMS(Building and Energy Management System)や統合 BEMS などの省エネルギーソリューションや、再生可能エネルギーなどを含むスマートグリッドシステムソリューションを提案、プロジェクトの計画策定段階から参画する。

東芝はこれまで、中国国内で、大都市型の「天津市環境都市プロジェクト」、内陸部都市型の「江西省共青城市におけるスマートコミュニティ技術実証事業」に参加し、スマートコミュニティ関連事業を行ってきた。今後も中国を含め、世界各国でスマートコミュニティ関連事業を積極的に推進、2015年度の同事業の売上高9,000億円を目指す。

同社は2011年12月、中国の国有企業のひとつである中国節能および、みずほコーポレート銀行と中国におけるスマートコミュニティ分野で事業提携している。
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.