Business

ビジネス

台湾版 iTunes Store がオープン―台湾の音楽配信市場の今後を読む

株式会社クララオンライン 家本賢太郎
2012年7月5日 / 11:00
 
 
6月27日、iTunes Store が台湾・香港・シンガポールを含むアジアの12の国と地域で新たにオープンしました。従来、台湾ではアプリの配信のみでしたが、音楽と映画を台湾ドル建てで購入することができるようになっています(映画はレンタルもあり)。特に音楽は台湾のアーティストの収録が拡がり、多少なりとも台湾の音楽・映画配信の市場構造に影響がありそうです。今回は、iTunes Store のサービス開始が、台湾市場全体にどのような影響を与える可能性があるかという点について触れることにします。

台湾ユーザーは従来、日本またはアメリカなど海外の iTunes Store にアクセスして楽曲を買うことはありましたが、そこでは台湾のアーティストの曲揃えは少ないほか、台湾のストアの方が安いという事情もあり、各通信キャリアが展開するストアや、KDDI の子会社である KKBOX の利用が中心でした。

音楽配信の代表的なストアはこの KKBOX 以外に、台湾モバイルが展開する myMusic、中華電信が展開する Hami Music、遠傳(FET)グループの Omusic などがあります。これらのストアでの台湾アーティストの価格設定は1曲19〜25台湾ドルが中心で、直近の為替レートで換算すると19台湾ドルで約50円(2012年7月4日現在)と、日本の1曲あたりよりは安く設定されているように見えます。ユーザーは、欲しい曲を Web で選んで MP3 などの楽曲ファイルを購入することができます。

なお、こうした楽曲あたりの価格差はネット配信に限ったものではなく、音楽 CD の価格設定も国によって異なっています。そのため、例えば台湾で販売している日本の歌手の CD は、日本での販売を禁止しています。実際、Hami Music は台湾以外からそもそも Web サイトにアクセスができないようになっていますし、KKBOX は台湾以外からでは購入画面には進めないようになっています。今回サービスを開始した台湾のiTunes Store も、台湾内の住所だけでなく、台湾内で発行されたクレジットカードでなければ購入できないように制限し、こうした音楽配信に関する国・地域ごとの権利処理に対応しています。

しかし、実は台湾市場はこうしたダウンロード型の音楽配信に対抗する強力な仕組みがあります。先に挙げたKKBOX や myMusic は1曲ごとのダウンロード型の販売も行っているものの、むしろどちらも月額149台湾ドル(邦貨約400円)の定額制ストリーミングサービスを強みにしています。特に KKBOX は、再生プレイヤーのソフトウェアが Windows や Mac だけでなく、ブラウザ上での再生や iOS/Android/Windows Phone にも対応しており、かなり幅広くユーザーをカバーしています(myMusic は Mac には非対応)。楽曲ファイルをダウンロードしたいというニーズが特にないユーザーにとっては、1曲ごとに買うより好きな曲を無制限に再生できる「定額の聞き放題サービス」の方がメリットはありそうです。

また以前にこのコラムでも触れたように、台湾ユーザーのオンラインコンテンツの支払い方法は、必ずしもクレジットカードが主流ではありません。むしろ、セブンイレブンやファミリーマートなどでのコンビニ払いと、通信キャリアが毎月請求する携帯電話・固定電話・インターネットなどの通信料金との合算、あるいは銀行振込が主流です。実際、KKBOX はコンビニ払いに、myMusic はコンビニ払い以外に通信料金からの支払いにも対応しています。一方で台湾の iTunes Store は今のところクレジットカード決済に限定しており、iTunes Card もまだ現時点では販売されていません(2012年7月4日現在)。iTunes Card はいずれ販売される可能性はありそうですが、台湾市場へ早く溶け込むためにはクレジットカード以外の支払い方法は重要です。

さらに、ダウンロード型の販売方式しか持たない iTunes Store が、こうしたローカルの定額制ストリーミングサービスに打ち勝つほどの力を曲揃えなどで持てるかどうかもポイントです。既に台湾のアーティストは揃えてきていますが、長年サービスを提供してきた先行プレイヤーを越える力は重要です。例えばその一つとして、台湾の若い世代にも人気のある日本のアイドルグループが iTunes Store では配信がまだ少ないという点が、台湾でも指摘されています。

台湾のユーザーの関心を知り尽くしているローカルプレイヤーと、Apple というグローバルプレイヤーによる台湾での音楽配信の戦い。台湾では消費者保護法の返金規定など特殊なローカルルールもあるほか、こうした定額制ストリーミングサービスという環境が既にしっかりと出来上がっています。

台湾大手の調査会社である創市際(InsightXplorer)は最近の調査で、有料コンテンツの購買経験がある人の70.3%は iTunes Store を使う意向があるという調査結果をまとめました。同時に、キャリア系のストアでの購買経験がある人の約3割は iTunes Store に完全に移行するつもりだとの結果もあり、恐らくはキャリア系のストアも価格設定などの見直しを迫られる可能性があります。

今後1〜2年の間に台湾市場の音楽配信の構図が変わるのか。実際にどの程度のユーザーが iTunes Store へ流れるかが注目されます。

(執筆:株式会社クララオンライン 家本賢太郎)

【関連記事】
日本の Web サイトへのアクセスが遮断された CO.JP 事件
台湾三不通
中国でのスマートフォンの定義
2012年後半の中国のインターネットを読む
「360buy」を見る

関連キーワード:
Android
 
Apple
 
iOS
 
Mac
 
固定電話
 
KDDI
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites