Business

ビジネス

滋賀銀行、次世代業務支援システムを Hyper-V と Microsoft System Center で

japan.internet.com 編集部
2012年6月28日 / 07:00
 
 
 
日本マイクロソフトは2012年6月27日、滋賀銀行が、次世代業務支援システムを仮想化基盤上に構築する際、「Microsoft Windows Server 2008 R2 Datacenter」の「Hyper-V」と、「Microsoft System Center」を採用した、と発表した。

地域密着型金融の滋賀銀行では、2010年から2013年までの第4次長期経営計画「〜 NEXT STAGE への挑戦 〜 "対話力" 強化による更なる共存共栄を目指して」を策定、実現に向けた取り組みの一環として、次世代業務支援システムの構築を進めている。

この次世代業務支援システムは、従来独立して存在していた渉外支援システムと、融資支援システム、CRM 支援システムを1つに統合、Web システムとして再構築するとともに、長期的な視点でリスクとコストを極小化するプロジェクト。
【関連記事】
日本マイクロソフト、丸紅のメール システムを Office 365 でクラウド化
日本マイクロソフト、タイトーのメールシステムを Office 365 でクラウド化
オウケイウェイヴと日本 MS、MSN でソーシャルコマースサイトを開始
日本マイクロソフト、立教大学とビジネス基礎講座を共同開発
日本 MS、ロボット開発の ZMP と次世代自動車技術の研究開発クラウド環境

関連キーワード:
Microsoft
 
マイクロソフト
 

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites