Business

ビジネス

オープンソース企業ポータル「Liferay」が日本法人を設立―企業への Liferay 導入推進を狙う

japan.internet.com 編集部
2012年6月27日 / 06:00
 
 
 
企業情報ポータルとは、企業内の情報リソースに対して一元的なアクセスを提供するシステム。データベース、Office 文書、電子メール、社内 SNS などの様々な情報をまとめ、利用者にあわせてパーソナライズしたものを表示する。

オープンソースの企業情報ポータルを提供する Liferay は2012年7月、日本法人を設立し、日本市場に本格参入する。インターネットコムでは日本法人設立直前の6月6日、同社のブライアン遠藤氏と Mickael C. Han 氏 にお話を伺う機会を得た。

Liferay アジアパシフィック部門 VP であるブライアン遠藤氏は、日本法人設立について次のように語った。

「Liferay は、すでに 6月に渋谷のセルリアンタワーにオフィスを開設した。2012年7月には、日本法人を設立する予定だ」
 
オープンソースの Liferay、日本法人を立ち上げ企業への Liferay 導入を推進
Liferay アジアパシフィック部門 VP、ブライアン遠藤氏

■日本法人設立の目的は?

Liferay は米国をはじめ、ヨーロッパ、アジアの各国に支社を持っているが、日本には拠点を持っていなかった。だが、拠点がなくても、Liferay の無償のコミュニティ版はすでに大学や公共団体、それに大阪ガスなどの公営企業に採用されているし、日本 Liferay ユーザグループも存在している。なぜ、日本法人を設立する必要があったのだろうか。遠藤氏に尋ねた。

「Liferay には2つのバージョンがある。1つは、オープンソースのコミュニティ版で、もう1つは企業向けの商用版だ。Liferay の日本法人設立の目的は、1つは日本に Liferay がリードするコミュニティを構築すること。もう1つは、(公共団体だけでなく)企業への Liferay 導入を推進することだ。これには日本の SI やコンサルティング企業と協働できる日本法人の設立が必要だった」

■Liferay の強みとは?

SharePoint、WebSphere、JBoss Portal、それにサイボウズ。企業ポータルソフトはすでに多くのベンダーから提供されている。その市場で競合していくための Liferay の強みとは何だろう? Liferay のオペレーション担当 VP である Mickael C. Han 氏に尋ねた。

1. ソフトウェア自体の質の高さ

 
「Liferay の強みは、コミュニティ版の品質の高さだ。無償版とは言え、おもちゃではない。10年間市場で試され、コミュニティによって鍛えられてきた無償版は、企業顧客を十分満足させる質の高さを持っている。商用版にはさらに機能が追加されており、これに加えて Liferay の日本法人による 24/7の日本語によるサポートが提供される」

Liferay オペレーション担当 VP、Michael C. Han 氏
Liferay オペレーション担当 VP、Michael C. Han 氏

2. ポータルとして必要なものが最初からすべて提供されている

企業情報ポータルは、Web 管理、コンテンツ管理(CMS)、企業向け SNS サービスなどを協調動作させるベースとして利用される。企業顧客は通常、これらのソフトウェアを個別に購入し、ポータル上に構築する必要がある。だが、Liferay はこれらの機能を最初からすべて提供している。

「Liferay は『ターンキーソリューション』を提供する。CMS や SNS の機能はすでに装備されているため、個別に購入する必要はない。導入後、すぐに利用が可能となるのだ。また、すでに CMS や SNS の機能を持つソフトウェアを企業内に配備している場合、そのソフトウェア資産を無駄にすることもない。Liferay は、他社製の CMS やコラボレーションソフトウェアの多くをサポートしており、それらとともに使用することができる」

3. 顧客向けのサービスツールとしても利用可能

通常、ポータルソフトウェアは、企業内でのみ利用される。だが Liferay は、社外の顧客に向けたサービスツールやマーケティングツールとしても利用できる。

Han 氏は、米国 Toyota の若年層向けのブランド「Scion(サイオン)」の Web サイト構築で Liferay が利用されていることを例としてあげた。Toyota は、このサイトをマーケティングに活用している。

Liferay によって構築された Scion の Web サイト
Liferay によって構築された Scion の Web サイト

「Scion では、Liferay はマーケティングツールとして利用されている。Scion から自動車を購入した顧客は、Sion の Web サイト内にある顧客向けの SNS を利用し、自分なりにカスタマイズした自動車の写真などを投稿している。Toyota はその SNS サイトから、多くの顧客に人気の高いカスタマイズを調査し、新車をデザインする際の参考にしている」

4. 扱いが簡単

Liferay は、コンピューターに詳しくない一般の従業員であっても簡単に扱うことができる。Han 氏は、フランスの総合金融企業「Societe Generale(ソシエテジェネラル)」グループの Web サイトを例にあげ、次のように語った。

Liferay によって構築された Societe Generale の Web サイト
Liferay によって構築された Societe Generale の Web サイト

「同グループの Web ページコンテンツの変更には、以前は1か月以上もかかっていた。これは、同グループが変更作業を Web の専門家に依頼していたためだ。この方法では時間がかかるだけでなく、ミスも多発していた。Web の専門家は銀行業務には詳しくなく、専門用語などを知らなかったためだ。銀行においては、Web 上のコンテンツが間違っていることは、致命的なことになりかねない。

Liferay を導入したことで、同グループではコンテンツを直接担当者が変更できるようになり、リアルタイムでの修正が可能になった。また、変更内容を公開前に社内でプレビューできるようになったので、ミスを減らすこともできた」

■将来へのコミットメント

日本の企業には、米国のソフトウェアの採用に抵抗感を持つところも多い。米国のソフトウェア企業の中には、利益がでないとなると早々に撤退を決めてしまうところが多かったからだ。

遠藤氏は、この件について次のように語った。

「多くの米国のソフトウェア企業が、日本に上陸しては失敗し、日本を去っていった。彼らは日本でのビジネスを理解していなかったからだ。

Liferay は十分な準備をして臨んでいる。我々には10年間の蓄積があるし、多くの大手グローバル企業に対する豊富な導入実績もある。Liferay は失敗しないし、簡単に撤退することもない」

関連キーワード:
Office
 
SNS
 
サイボウズ
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites