japan.internet.com
ビジネス2012年6月12日 18:10

Google、オンライン ストアを評価する「Google Trusted Stores」プログラムを米国で開始

この記事のURLhttp://japan.internet.com/busnews/20120612/8.html
著者:japan.internet.com 編集部
海外internet.com発の記事
Google、オンライン ストアを評価する「Google Trusted Stores」プログラムを米国で開始
Google Trusted Store バッジ
米国 Google は2012年6月7日、同社の公式ブログで、オンライン ストアを評価する「Google Trusted Stores」プログラムを開始した、と発表した。

Google Trusted Stores プログラムは、オンライン ストアの信頼度を評価し、ユーザーによるオンライン ストア選びをサポートするもの。時間通り発送し、優れた顧客サービスを提供すると判断されたオンライン ストアには「Google Trusted Store バッジ」が与えられ、Web サイト上に表示される。

また、Google Trusted Store バッジ以外に顧客サービスレポートカードも与えられる。これによりユーザーは初めて利用するオンライン ストアでも、「信頼できるか」や「早く注文できるか」「例外的なサービスがあるか」などを容易に知ることができる。

顧客サービスレポートカード
顧客サービスレポートカード
*クリックして拡大

仮に Google Trusted Store からの購入で問題が発生した場合には、Google が顧客サービスを提供する。またユーザーは、商品を購入する時に Google による最大1,000ドルまでの購入保護を選択できる。

同社は、オンライン ストア側がバッジを掲載することで、新しいユーザーを引きつけ、販売を増加させる効果を期待している。同社によれば、昨年秋から約50のオンライン ストアおよび1,000万を超える注文で同プログラムの検証を実施。その結果、買物客からのポジティブなフィードバックがあることで、オンライン ストアの販売増加に貢献できたという。例えば、家庭雑貨のサイト Wayfair は Google Trusted Stores で2.3%、記念品や贈り物を販売する Beau-coup では8.6%の売上増加が見られた。

Google Trusted Stores プログラムは、ユーザーとオンライン ストア共に無料で利用できる。同社は今後も随時改良を重ねていく意向。

アドワーズ上の Google Trusted Store バッジ
アドワーズ上の Google Trusted Store バッジ
*クリックして拡大
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.